クラブ案内

活動内容

 壬生ロータリークラブは1980年11月7日の発足以来、ロータリーの奉仕の理想、奉仕の理念を礎に多くの会員により、地域の真のニーズを見極めながら地元密着の活動を通じて、地域の課題に取りながら組脈々と受け継がれてきました。

 これまでには、壬生町へ多目的ワゴン車の寄贈や博物館へのモニュメント寄贈、緑を増やす植樹活動、中学校へのロータリー文庫の寄贈など数々の事業を行ってきました。


 近年では、小中学校の児童・生徒を対象に行われている「論語検定」(町教育委員会が共催)を後援(検定料の負担や受験受付)するなど、青少年奉仕活動を強力に進めています。
※『論語検定』とは・・・孔子をまつる湯島聖堂(東京都文京区)公認の検定。
壬生町では、江戸時代に壬生藩が論語を通じて文武両道の人材育成を図った歴史(壬生藩校「学習館」)をふまえ、論語教育の復活に取り組み、小学校の国語科に「伝統的な言語文化」が指導項目として加わった事情もあり、今後更なる浸透を目指しています。



論語検定の様子


会長挨拶

伝える力と広める力がロータリーの未来へ
2021-22年度国際ロータリー第2550地区 壬生ロータリークラブ第42代会長 髙山英城


 昨年来、コロナ禍の影響で日本中の経済活動が停滞し、我がクラブにおいても、全てのロータリー活動がストップするという、(RI、第25500地区を含めて)壬生ロータリークラブ発足40年の歴史の中で、初めての出来事が起きてました。この間、会員の皆様におかれましては、様々なご苦労が発生したこととご推察申し上げます。現時点では、完全なる終息はもう少しの時間が必要との事ですが、ぜひとも、自らの健康にご留意され、ご家族や社員・関係者の皆様を守り抜いていただくことを切にお祈りいたします。
 今後も変異株等のクラスター感染に襲われる事は否定できない状況の中、2年連続での会長を引き受ける事は大変戸惑いがございますが、壬生ロータリークラブのチャーターメンバー・パスト会長他、会員みなさまの支援を頂き、微力ながら務めて参る所存ですので引き続きよろしくお願い致します。
さて、RI会長 シェカール・メータ会長のテーマは「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」です。このテーマは、ロータリアンが、奉仕の理念を行動へ移すための言葉として用いられていますが、私は、一人一人がロータリークラブに在籍する事によって、幅広い業種や年代の人と出会えることや、ロータリー活動を通して得ることが出来る貴重な経験や知恵を学べること。そして多くの友人を持つことが、まさに誰かの人生のみならず、自分の人生も豊かになるのだろうと考えます。  私は、2009年44才で入会させて頂きましたが、上記の事を実体験として経験させて頂き、壬生ロータリークラブには、感謝の念が絶えません。  また、2550地区 石田順一ガバナーの方針・目標は~未来のクラブを描きましょう~です。 6の地区方針と、10の目標を掲げられています。石田ガバナーの方針に基づき、目標達成のために活動していきます。中でも、クラブの価値観を共有し、クラブの中長期的戦略計画策定が非常に重要です。会員一人一人が、5年後にどのようなクラブになりたいか自問すべきと考えています。

伝える力と広める力がロータリーの未来へ
コロナ禍の中、人々は下を向きがちになります。電車やバス、街なかでも人々はスマートフォンに目を落とします。下を向いていると周りの物(状況)が判りません。 世の中にはかき消されていく声なき声が沢山あります。無関心でいると誰にも気づかれずに済んでしまいます。無関心ほど社会を壊してしまいます。 目線を上げるとそこには人が居て、お互いを感じ、認め合えます。 一人一人が関心を持ち、伝え、奉仕活動を広めることがロータリーの未来へ繋がります。  我々を取り巻く環境は大変厳しいものがありますが、その様な中でもロータリー活動を続けることができることに感謝しながら活動したいと思います。 どうか皆様、昨年度以上のご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。